日本物理教育学会
入会申込書連絡先サイトマップHOME
学会について
お知らせ学会について研究大会刊行物ニューズレター支部活動教育資源物理教育研究リンク集行事予定
HOME > 学会について   

平成16年1月10日 日本物理教育学会理事会        近畿支部報告

 

(I)      日本物理教育学会近畿支部 臨時理事会および臨時総会

・日時 2003年11月22日(土)  17:30-18:00

・場所 大阪教育大学天王寺キャンパス 中央館2階214講義室,

    〒543-0054 大阪市天王寺区南河堀町4-88

・     主題 近畿支部役員(支部長)選出について

 

(II)      平成16年度 日本物理教育学会近畿支部 第4回理事会

・日時 2003年11月22日(土) 18:00~19:00

・場所 大阪教育大学天王寺キャンパス 中央館2階214講義室

主な内容

(1) 「近畿の物理教育」第10号および「物理教育」近畿支部特集号について

・一部を除き,2004年1月末に原稿を締め切る予定。

・本年度の研究集会での発表の中から,論文掲載が望ましいと思われるものについて,編集長から投稿を依頼

する。

・本誌近畿支部特集号については,すでに本部に原稿を送付した。

(2) 近畿支部新体制発足について

・経過

 鈴木支部長からの辞職の申し出を受け,第3回支部理事会(9月27日)において,支部会則をもとに慎重

に審議した結果,臨時に支部長選出を行うことを決定した。

この決定を受け,支部会員に対して支部長選出の公示(10月14日)を行うとともに,島田昌敏大阪教育大学名

誉教授を委員長とする役員選出委員会を組織した。

役員選出委員会において支部長候補者を選出し(11月12日),臨時理事会を開催して原案を検討した後,

 臨時総会(11月22日)において,高杉英一大阪大学大学院理学研究科教授を新支部長として選出した。

・臨時総会後の本理事会において,高杉新支部長を支部役員全員でサポートすることを確認した。

(3)  平成16年度物理教育研究大会について

・2004年8月上旬 大阪学院大学 で開催。

・日程の詳細は,理科教育全国大会・奈良大会(8月3, 4, 5日)とずらす。

・実行委員会組織

実行委員長 高橋憲明(大阪学院大学)

事務局長  越桐國雄(大阪教育大学)

実行委員  仲岡靖純(大阪府立久米田高校),宝多卓男(大阪府立生野高校),他,今年度の研究集会実行委

員を中心に依頼。

・テーマ  「新たな理科教育の創造」 副題はもう少し時間をかけて検討。内容には,自然科学教育のカリキュ

ラムや大学入試のあり方なども含める。

(4)     物理教育研鑽会について

実行委員長:高杉英一

実行委員:筒井和幸,岡本泰宏 他

場所:大阪大学大学院工学研究科(吹田市山田丘2番1号)(予定)

日時:1月31日(土)

※2月7日(土)は,「科学の祭典・南和大会」が奈良県桜井市で開催されるので,研鑽会とは日程の重複を

さける。

※高杉支部長から,森田清三 大阪大学大学院工学研究科教授に講演と施設見学を依頼し了承を得た。

内容は,ナノテクノロジー,特に,走査型プローブ顕微鏡の開発と応用に関するものを予定している。

(5)  その他

・近畿支部のwebページの運営については,担当者を中心に検討を継続する。

   

(III)行事記録

(1) 2003年11月22日(土)

第34回物理教育研究集会

実行委員長:越桐國雄(大阪教育大学)

実行委員 :岡本泰弘(大塚高校),宝多卓男(生野高校)他,計7名

場  所 :大阪教育大学天王寺キャンパス 中央館2F 215

発表件数   16件 

参加者数 約70名

(2)  青少年のための科学の祭典について(事業報告)

(i)奈良大会(2003年10月18日(土),19日(日) 奈良工業高等専門学校)

入場者には大変好評であった。奈良高専の学生等が非常によく頑張ってくれた。

(ii)京都大会(2003年11月8日(土),9日(日) 京都市青少年科学センター)

55ブース・5ステージを行い,入場者は2日間で約5,000人であった。当日は京都市青少年科学センターの展示

場を無料開放とした。

(iii)滋賀大会

大津会場(2003年11月8日(土),9日(日) 大津市科学館)

来年度も大津市科学館で開催できる見込みとなった。

高島会場(2003年11月15日(土),16日(日) 高島郡地場産業振興センター)

町をあげて取り組んでおり,なごやかで熱心であった。

(iv)和歌山大会(おもしろ科学祭り)(2003年11月15日(土),16日(日) 和歌山マリーナシティー「わかやま館」)

2日間で約6,500人が入場。例年の倍近い入場者で,大変な混雑であった。物作りの人気が高かった。来年度

は和歌山大学の自主創造科学センターの行事に加えられることとなった。また,「ゆめ基金」を使って,新宮大

会を行う。

(3)協賛・共催事業

(i)湯川記念講演会

日時:2003年11月8日(土) 13時~17時

主催:湯川記念室,日本物理学会大阪支部  協賛:日本物理教育学会近畿支部

内容:「田中さんのノーベル賞と大阪大学」 交久瀬五雄 大阪大学理学研究科教授

「小柴博士のノーベル賞とニュートリノ」  久野 良孝 大阪大学理学研究科教授

担当:高杉英一

場所:大阪大学基礎工学部 Σホール

参加者 約150名

(ii) 理科と情報数理の教育セミナー

日時:2003年12月6日(土) 13:00~17:00

主催:大阪大学基礎工学部,理学部,工学部,共通教育機構

協賛:物理教育学会近畿支部

内容:原俊雄(包括的理科),小川雅史(新課程入試),筒井和幸(現代物理の扱い),川内正(司会・実践報告)

担当:高杉英一

場所:大阪大学理学部

参加者数 約50名

(iii) 日本物理学会大阪支部公開シンポジウム

日時:2003年11月29日(土) 13:00~17:00

主催:日本物理学会  協賛:物理教育学会近畿支部

内容:「物理学が拓くバイオナノサイエンスの新展開」(計6名講演)

担当:高杉英一

場所:大阪市立大学学術情報総合センター(大阪市住吉区杉本)

参加者数 約100名