日本物理教育学会
入会申込書連絡先サイトマップHOME
学会について
お知らせ学会について研究大会刊行物ニューズレター支部活動教育資源物理教育研究リンク集行事予定
HOME > 学会について   

日本物理教育学会2012年度第4回理事会議事録Web版

 

日 時:2013年3月30日(土)15:00~19:30

会 場:東京工業大学田町キャンパスCIC806室(東京都港区芝浦3-3-6)

出席者:高橋憲明、覧具博義、広井禎、平山修、岸澤眞一、植松晴子、鈴木勝、小川慎二郎、岩崎信、伊土政幸、坂井章、下田正、平島由美子、増子寛、松浦執、鈴木亨、長谷川大和、村田隆紀、

欠席者:稲田佳彦、影森徹、川角博、大山光晴

議事

(1)第3回理事会議事録確認(資料1)

庶務理事より説明があり、承認された。

(2)学会賞選考委員会(資料2)

資料2に沿って選考委員会からの提案があった。

選考結果:推薦する候補者はなし

承認された。

(3)日本物理教育学会賞の制度の見直し(資料3)

学会賞選考委員会から資料3に沿って説明あり。学会賞の名称を「日本物理教育学会賞」と「日本物理教育学会奨励賞」の二本立てとすることが承認された。

(4)2012年度決算(資料4)

資料4に沿って会計理事から2012年度決算報告があり、質疑の結果、監査報告も含め承認された。

(5)物理教育研究メーリングリスト設定の提案(資料5)

資料5に基づき説明あり。特に学会の現状では、各地のグループ間や個人間の交流の機会が限られており、MLを設置して意見交換の活性化を図る提案。承認された。

(6)総会準備について(資料6)

資料6として、昨年度の定時総会議案書が示された。

定款・細則などの改訂について議論し、承認された。

(7)コメント型の取り扱いに関する提案(資料7)

査読過程で通常の論文とは異なる扱いを要する投稿論文の取り扱いについて議論し、編集委員会で議論をしてもらう事にした。

(8)次年度理事・監事について(資料8)

資料8に沿って説明があった。

なお、広井禎副会長を長年の学会へのひときわ高い貢献の功績により名誉会員に推薦することが会長より提案があり承認された。

(9)各委員会活等報告(資料9)

 編集委員会、編集企画小委員会、日本物理教育学会ニューズレター編集委員会、将来構想委員会、学会賞選考委員会、入試検討委員会、会誌検討委員会、教育課程検討委員会の各担当理事より報告があった。

(10)研究大会進捗状況(資料10)

資料に沿って報告があった。

(11)APPC12進捗状況(資料11)

資料11に沿って報告があった。

(12)共催行事

日本物理学会物理教育委員会担当理事より、資料12に沿って報告があった。

(13)学会ロゴマークについて(資料13)

学会ロゴマークが話題になり、公募する案もあったが、提案されたPESJの文字主体のロゴマークを暫定的に使用することが承認された。

(14)会員数増強について(庶務)

 理事会後に意見交換することとなった。

(15)常務より

  庶務 会費未納者への対応について、当面の対策について提案があり了承された。

(16)委員会・支部・連絡会などより

  各支部より報告があった。

  日本教育研究連合会について説明(2013.3.31付け解散)があった。

         教科「理科」関連学会協議会シンポ(5.18中学理科)の説明があった。

(17)次年度の理事会予定

第1回を総会と同じ日:6月15日(土)と提案なり承認。常務の打ち合わせは6月8日とする。第2回を物理学会との関係から9月21日とし、編集委員会を10月5日とする。第3回を12月14日、第4回を3月29日とする。何れも会場は未定。

(18)入退会について

入会 個人会員15件,購読会員1件,賛助会員1件(2口)

退会 個人会員24件,購読会員1件

会費減免措置 4件

                                以上