日本物理教育学会
入会申込書連絡先サイトマップHOME
学会について
お知らせ学会について研究大会刊行物ニューズレター支部活動教育資源物理教育研究リンク集行事予定
HOME > 学会について   

日本物理教育学会 2015年度第1回理事会議事録(web版)

 

日時: 2015年6月13日(土) 16:00~20:20
場所: 筑波大学附属高等学校 物理実験室(東京都文京区大塚1-9-1)
出席者: 井上賢,岩崎信,植松晴子,右近修治,大野栄三,小澤啓,柿沼藤雄,金長正彦,川角博,
岸澤眞一,栗田和好,佐藤実,副島雄児,中田博保,新田英雄,細田宏樹,三沢和彦,村石幸正,村田隆紀、波田野彰(監事),桒原爾(監事),高橋憲明(昨年度理事),鈴木亨(昨年度理事)
欠席者: 小川慎二郎

 

【議事】

 

(1)第4回理事会議事録確認(資料1)

メール審議で承認されていることが報告され、了承された。

(2)総会報告(資料2,3)

高橋前会長から総会について、総会は成立し、議案Ⅰ、議案Ⅱは承認され、議案Ⅲは、すべての候補者が選任された旨、報告があった。
2014年度監事監査報告が、前監事からなされ、承認された。

(3会長,副会長および常務理事の互選(資料4,5,6,7)

資料4に基づき、会長・副会長および常務理事が選出された。また、庶務グループ、編集グループ担当理事が選ばれ、承認された。

(4)2015年度理事会の重点取り組み項目の検討(資料6)

1. 将来構想委員会の申し送り事項および前会長からの提言を実現すべく努力することが承認された。
2. 法人化については、さらに調査を進めることとなった。また、法人化に伴う支部の位置づけをどうするかを検討する必要があることが指摘された。
3.委員会の規定作りを進めることが了承された。
4.電子システム管理におけるセキュリティの問題や個人情報の取り扱いについて検討が必要であることが確認された。

(5)理事の仕事分担について(資料5)

理事の仕事分担について、ML管理については各委員会等の責任者が扱い、他の業務については2014年度と同様に行うことが承認された。

(6)委員会等の確認(資料7,8)

委員会の担当理事の数が見直され、2015年度の担当理事が決定された。
2015年度の以下の関連団体担当者について,理事会として確認した。
・物理オリンピック日本委員会理事
・日本物理学会/物理教育委員会
・教科「理科」関連学会協議会
・理数系学会教育問題連絡会
・教育関連学会連絡協議会
なお、以下の外郭団体委員会等については、理事会の検討事項ではないので、代わる必要のある人以外は留任とすることとなった。
・日本物理学会/物理教育分科会
・応用物理学会連合講演会
・JABEE(オブザ-バー)
(注)JABEE(オブザーバー)は、2015年度より、本学会からの委員が不要となった。

(7)評議員選出と評議員テーマ(資料9)

評議員選出について,一覧をもとに、了承された。評議員会テーマは、法人化に関することや関連学会との連携等の意見が出されたが、継続審議となり、会長に一任することとなった。

(8)第32回研究大会準備状況報告(資料10.)

九州支部理事から資料10に基づき、すでに開始している作業や今後の作業予定等の準備状況が報告された。また、6つの事項が質問され。それぞれに回答・意見が述べられた。
質問1.評議員会の運営についてについて
質問2.学会賞表彰式・講演について
質問3.大会参加費・懇親会参加費のカード決済導入について
質問4.予稿集への広告掲載について
質問5.発表件数の制約について
質問6.受付会員情報の確認について

(9)2016年度以降の研究大会について(資料11)

資料11を基に、これまでの大会の開催状況と2016年度以降の開催支部・連絡会の候補が庶務理事から説明され、2016年度新潟支部、2017年度近畿支部の担当が決定された。

(10)J-STAGEについて(資料12)

資料12に基づき、J-STAGEについての説明がなされた。J-STAGEへの移行後の運用には、いくつかの方法があり、継続的に行える方法を検討することとなり、3名の理事が担当することとなった。

(11)理事会交通費宿泊費について

理事会の際に、泊らざるを得ない理事の宿泊費を旅費として支出するか否かの提案が庶務理事からなされた。検討の結果、従来どおり支給しないこととなり、会議の開始時刻や進行について検討を行うこととなった。

(12)常務より

会計 総会で説明したことと同じであることが述べられ、了承された。
編集 7月4日の編集会議について、その運営を前編集理事に依頼することが了承された。
庶務 理事外の会員1名に対し、事務的なことの手伝いを依頼する旨の提案があり、了承された。
電子システム 各MLの管理を、各委員会等の責任者とすることが、了承された。

(13)支部・連絡会より

資料に基づき各支部から活動報告がなされた。2016年度研究大会開催支部から、大会の日程、会場、テーマ等についての支部での検討事項が口頭で説明され、了承された。
資料:北海道支部(資料12)、東北支部(資料13)、関東地区連絡会、新潟支部(資料14)、近畿支部(資料15)、中国四国支部(資料16)、九州支部(資料17)

(14)共催,後援,協賛行事(資料19)

資料19に基づき、メール審議での承認・非承認の説明がなされ、承認された。

入退会
 入会希望者 正会員18名,購読会員0件 減免申請 学生3名,20年条項10名、退会希望者7名 が承認された。

(15)その他

特になし

【今年度の次回以降の理事会予定】

2015年度の今後の理事会の予定について確認され,第2回の理事会,常務打合せの日程が変更された。
・第2回:9月5日(土)(議事録作成:近畿支部) 常務打ち合わせ:8月29日(土)
・第3回:12月19日(土)(議事録作成:中国四国支部) 常務打ち合わせ:12月12日(土)
・第4回:3月26日(土)(議事録作成:九州支部) 常務打ち合わせ:3月19日(土)

以上