日本物理教育学会 width=
?A?????T?C?g?}?b?vHOME
学会について
お知らせ学会について学会活動 width=刊行物ニューズレター支部活動 width=教育資源 width=物理教育研究リンク width=行事予定 width=
HOME > 学会について   

会長挨拶  会則と入会案内  年会費自動引落  学会の沿革  役員一覧  学会報告  日本物理教育学会賞  共催・後援申請

会長挨拶

研究に基づいた物理教育の刷新へ

 

 日本物理教育学会は,物理教育の振興を目的として1952年に設立された,日本学術会議の登録団体です。会員の多くは高等学校,大学の教員,学生ですが,小学校,中学校等の教員,研究所・企業勤務の方など,幅広い会員層を有しています。

 物理教育は物理学の発展と表裏一体の関係にあり,その歴史は古いものです。しかしながら,物理教育が研究分野として確立されたのは20世紀後半で,研究分野としては極めて若い分野といえます。物理教育研究は,特に21世紀になってから大きく発展し,他の物理の専門分野と同様に,定量性,再現性,予言性を有する研究成果が急速に積み上げられてきています。

 物理教育研究により,生徒・学生の概念理解度や授業効果等が定量的に比較できるようになりました。それまでは,どこで生徒・学生がつまずくのか,教育効果の高い授業法とはどのようなものかといったことは,経験を積まなければ獲得できませんでした。しかし,授業での知見を研究として積み上げ,発展させていくならば,研究成果の応用として,新任の教員でも経験を積んだベテランの教員と同等以上の授業を展開することが原理的に可能となるはずです。さらには,長年にわたり解決の糸口が見えていない理科離れ,物理嫌いに対する打開策を研究によって見出し,物理を万人に愛される教科へと変容させることも決して夢ではありません。

 本学会が核となって,物理教育に関心のある方々すべての力を結集し,この夢の実現へと歩みを進めていきたいと思います。是非,ご協力をお願い致します。

 

会長 新田英雄

 

前会長挨拶

日本物理教育学会へのお誘い

 

 日本物理教育学会は1952(昭和27)年設立以来,学校教育,社会教育における物理分野に貢献すべく努力しています.会員数は約1100名で,日本学術会議の登録団体です.

 我が国における物理教育,ひいては理科教育の現状を見ますと,西暦2005年の世界物理年の頃から我が国も参加を始めた国際物理オリンピックはじめ,理科の国際オリンピックでは若い人たちが毎年素晴らしい成績を挙げているのが目立ちます.一方で世の中には理科離れ,理科嫌いと言う言葉が溢れかえり,折角の挑戦に値する興味津々,感動が待ち受ける自然科学を敬遠し,面白さ,楽しさを味わって頂けないのが残念でなりません.

 学会誌「物理教育」には支部特集が各号に組まれていることからご判断頂けるかと思いますが,日本物理教育学会の特徴の一つに,支部の活動が充実していることを挙げることができます.物理をはじめ自然科学や数学の考え方は,いま我が国はじめ,世界が直面している数多の問題解決に不可欠であります.多くの方々が会員となって学会と支部の活動に参加されるようお誘い致します.本学会は,学会誌,ニューズレターを発刊し,研究集会を開催するなどして,基礎的な自然科学の理解と素養の育成を図り,物理を通して会員相互の交流を盛り上げるよう一段と努力を続けます.

 

前会長 村田 隆紀