日本物理教育学会
入会申込書連絡先サイトマップHOME
学会について
お知らせ学会について研究大会刊行物ニューズレター支部活動教育資源物理教育研究リンク集行事予定
HOME > 学会について   

日本物理教育学会賞・日本物理教育学会奨励賞

 長年にわたり会長を務められた故・大塚明郎先生から寄せられた御厚志を基に本学会の一層の活性化を図ることを主旨として1995年に「大塚賞」が創設されました。発足当初は“活性化”とは若手の育成と奨励を強く意識していました。その後,有志の方々からのご寄付を加えて基金を増補し,2006年に名称を「日本物理教育学会賞(理論部門,実践部門)」と変更して,会員の優れた成果を表彰して学会の活性化を図るべく運用してまいりましたが,最近は活性化の主旨が首尾よく図られているのかやや不明瞭な状況になっておりました。このような状況を改善すべく今年度から学会賞を「日本物理教育学会賞」と「日本物理教育学会奨励賞」の2種類といたしました。詳細は下記の応募要項をご覧下さい。多くのご応募があることを期待しております。

 

選考委員会(2013年度)

委員長 伊東敏雄(元・電気通信大)
副委員長 覧具博義(東京農工大名誉教授)
委 員 秋山和義(神戸高),岩崎信(東北工業大),柿沼藤雄(新潟工科大),高橋尚志(香川大)
中野善明(北海道薬科大名誉教授),平島由美子(横浜国立大),森雄兒(サイエンスの森)

募集要項

1.各賞の説明

「日本物理教育学会賞」

物理教育に顕著な貢献をした会員の研究・実践を表彰する。

・対象:次のいずれかを対象とし,年に2件以内を表彰する。

(1) 会誌『物理教育』に掲載された論文で,物理教育において顕著な貢献をした論文あるいは顕著な貢献をすると期待される論文。原則として過去5年以内に発表された原著論文とする。

(2) 創意と熱意に満ちた継続的な活動を通して物理教育に顕著な貢献をした実践。実践活動の成果が会誌『物理教育』あるいは支部,連絡会の機関誌,研究大会などで報告されていること。 ・応募要件:本学会の会員または会員を代表とするグループであること。応募は他会員からの推薦による(自薦は認めない)。

「日本物理教育学会奨励賞」

会員(特に若手)の優れた研究や教育実践を表彰し,会員による物理教育研究および実践の一層の活性化を図ることを目的とする。

・対象:次のいずれかを対象とし,年に2件以内を表彰する。

(1) 会誌『物理教育』に掲載された論文で,注目に値する論文。原則として過去2年以内に発表された原著論文とする。

(2) 物理教育における注目に値する実践,または今後が期待される実践。その実践活動について会誌『物理教育』あるいは支部,連絡会の機関誌,研究大会などで報告されていること。

・応募要件:本学会の会員または会員を代表者とするグループであること。応募は自薦,他薦を問わない。

2.提出書類

下記①②の書類を正本にコピーを添えて提出する。

①応募要旨(全項目必須。ただし4)は他薦の場合のみ)

1) 「日本物理教育学会賞」,「日本物理教育学会奨励賞」のいずれに応募するかを明記すること。

2) 応募者の氏名,会員番号,年齢,略歴(主な学歴・職歴)。グループの場合は,代表者だけでなく全員について記載すること。

3) 受賞対象となる研究業績の概要(選考に必要十分な内容で,受賞に値する理由を含めること。グループの場合は各人の役割分担を明記すること。)

4) 他薦の場合は推薦者の氏名。推薦者の賛同者がいれば賛同者の氏名(賛同者は必ずしも必要としない)。

②研究論文,業績報告,講演要旨などの別刷り(コピーでもよい)    

3.締め切り

2013年12月20日    

4.宛先

 〒113-0034 東京都文京区湯島2-31-22 湯島アーバンビル8F 日本物理教育学会事務局

5.審査

本学会理事会が委嘱した選考委員会の選考結果に基づいて,理事会が決定する。その結果は,受賞者本人に通知するとともに,会誌などを通じて会員に公示する。また,本人から断りの申し出がない場合は所属長にも受賞の旨を通知する。

6.受賞者へ授与するもの

日本物理教育学会賞:賞金(10万円),賞状,楯,研究大会旅費

日本物理教育学会奨励賞:賞状,楯,研究大会旅費

7.記念講演

受賞者には研究大会で記念講演をお願いする。

8.その他

本件に関するお問い合わせは学会事務局まで。 電話:03-3816-6207(火・木の10時30分から16時30分まで) FAX:03-3816-6208

過去の受賞者

18回(2012年度) 受賞者なし
17回(2011年度) 受賞者なし
16回(2010年度) 「小学校教員支援の実践と支援政策の提言」 平島 由美子 氏
15回(2009年度) 「誤概念を支える因果スキーマ」 鈴木 亨 氏
14回(2008年度) 「パソコンを使った手軽で精度のよい音波の実験」 北村 俊樹 氏
13回(2007年度) 「造波水槽の開発を通じた波動現象の教材化」 堀込 智之 氏
12回(2006年度) 「生徒実験を主体としたプログラム学習型授業の実践」 金城 啓一 氏
11回(2005年度) 「方位磁針集団による磁区演示と自発的対称性の破れ」 斎藤 吉彦 氏
「学校・地域・メディアを巻き込んだ理科教育の実践」 渡邊 儀輝 氏
10回(2004年度) 「紙筒と空き缶を利用した高感度GM管の製作」 三門 正吾 氏
9回(2003年度) 「電子天秤を用いた誘電率および透磁率の測定」 米田 隆恒 氏
8回(2002年度) 「モアレ縞で遊ぼう」 永田 敏夫 氏
「注射器とフラスコを使ったニューコメン蒸気機関の製作」 川上 晃 氏
7回(2001年度) 「物理授業におけるエネルギー環境教育の実践」 綿引 隆文 氏
6回(2000年度) 「アルキメデス逸話の再実験」 宝多 卓男 氏
「夢と楽しさのある演示実験の実践」 工藤 貴正 氏
5回(1999年度) 「雨ドイを使った波動の導入実験など一連の実践」 石崎 喜治 氏
「炭酸ガス風船通信など一連の実践」 山田 善春 氏
4回(1998年度) 受賞者なし
3回(1997年度) 「電声炎」 鬼塚 史朗 氏
「渦電流で磁石を浮上させる実験など一連の実践」 佐々木 修一 氏
2回(1996年度) 「半導体レーザーを使った加速度計」 矢野 淳滋 氏
1回(1995年度) 「陽電子の見える霧箱」 森 雄兒 氏